ランキング上位のプレゼント XENO 通常版 新しいスタイル

XENO (通常版)

XENO 通常版 新しいスタイル 490円 XENO (通常版) おもちゃ ゲーム カードゲーム・トランプ 490円 XENO (通常版) おもちゃ ゲーム カードゲーム・トランプ XENO 通常版 新しいスタイル /hydrotherapy71650.html,disbudpar.ttukab.go.id,おもちゃ , ゲーム , カードゲーム・トランプ,490円,(通常版),XENO /hydrotherapy71650.html,disbudpar.ttukab.go.id,おもちゃ , ゲーム , カードゲーム・トランプ,490円,(通常版),XENO

490円

XENO (通常版)


商品の説明

■商品詳細

ジャンル:カードゲーム

カードサイズ:58×89mm

所要時間:推定3〜10分

プレイ人数:2〜4人

内容物:カード22枚(ゲームカード18枚 ルールカード4枚)

販売元:XENO official

ーあなたが信じる”正義”とは。

暴力で国を支配する皇帝、愛で国を救う英雄、相反する二人が、己の信念のもと対立するとある国。

プレイヤーはこの国の行く末を見守る者となり、この国の未来はプレイヤーに委ねられます。

皇帝に逆らう者は処刑されてしまうため、プレイヤーは自分が何者であるかを隠しながら行動する必要があります。

カードには英雄・皇帝・精霊・賢者・貴族・死神・乙女・占師・兵士・少年の10種類の登場人物が描かれており、それぞれ特殊な効果を持っています。

プレイヤーが保持できるカードは1枚のみ。

それらを上手に選択し、見事最後まで生き残ることができたプレイヤーが勝者となります。

XENO (通常版)

滅茶苦茶楽しいカードゲームです。重課金カードゲーマーの端くれですが、このカードゲーム考えられ過ぎてゲームとして個人的には文句なしなしです。ハマり過ぎて深夜まで遊び倒してます。ただ、一つだけ残念なことは、スリーブに悩むことです。是非とも専用スリーブを作って頂きたいです。理由は3つ1つめ、スリーブが無いと傷が付いたり反りかえってしまうこと。2つめ、1つめの理由により、マーキングが出来てしまい、傷や反り返りからカードが特定したくなくても出来てしまうこと。(ここが特に重要)3つめ、折角こだわってケースの絵とカードの絵を違う絵師さんに頼んで作っていらっしゃるのに、スリーブに入れるとケースとカードのサイズが合わなくなってしまうこと。(頑張って、サイズが割とドンピシャなスリーブを探し出して購入しましたが、スリーブ使うとカードケースに入れれなくは無いけど、蓋が閉まらなくなりました。※写真1あと、説明書のスペースは無さそうです。そもそも対応スリーブがかなり少ないと思われます。)私が購入して使ったスリーブは、アーケイン・ティンマン・ボードゲームスリーブ(57×89)サイズがぴったり過ぎな為、スリーブに入れる際にカードを傷付けないよう注意が必要でした。※57×89は、カード自体のサイズに対応してますという表記で、スリーブ自体のサイズでは無いようです。写真2カードゲームにスリーブは必須です。傷や反り返りが大きな情報になってしまい、下手したらゲームが破綻してしまいます。あと、マーキングをする人が居るのを疑いたくないし、疑われたくもない。だから、重課金カードゲームをする人達は、カードをスリーブに入れます。大きな大会参加者で、慎重な方は、スリーブに傷が無いかのチェックをしてから大会に参加します。(万が一、マーキングを疑われて失格にならないように)だから、カードショップには、スリーブが売ってるんです。お願いだからスリーブ作って下さい。もしくは良くあるカードゲームのサイズにカードを作り替えるか…なるべく持ち運びしやすくする為に、小さく薄くを追求されたことは分かりますが、スリーブの必要性を考えて頂き、何卒、ご検討の程よろしくお願い申し上げます。 続きを読む
届いた第一印象はちゃちいです。QRコードでルール説明が読めるけど説明書やカードリスト、カード効果なんかは一切付いてていない。さっと遊べる事前提なのにインストしづらい・・・奇を衒ってやった事が全部裏目に出てる。ゲームはラブレター亜種なので悪くないちょっと間延びする感じはある。値段にしては箱とカードの材質は良いです。 続きを読む
良かった点・絵が本当にキレイ・とにかく安い・あっちゃんプロデュースの引きがあるので、周りの食いつきがよかった悪かった点・世界観がよくわからないので没入できない・全体的に必然手が多いので脳死ゲーム。勝っても脱落しても、うれしくないし、悔しくもない・ルールが複雑(かつ、カードに書かれてないの)でライト目なゲームなのに初見だと、テンポが悪い・劣化版ラブレター 続きを読む
実際にプレーして感じた事を卒直に書きます。まずほぼ運ゲーです。引いたカードを出すか手持ちのカードを出すかの二択しか無いため強いカードを温存しておく行為が出来ません。そもそも強いカードという概念自体が曖昧で、数値が低いカードの方がえげつない能力を持っていたりします。つまり、自分が今有利か不利かという状態も判別が不可能で、何の感情も持てないです。あと、アナログゲームなのに説明書がネットにあるのも良いようでイマイチです。横着せずにチートシートにちゃんと役割の効果まで書いておいて欲しかったです。友人と三人で10ゲームほどプレーしての結論です。アナログゲーはインサイダーとかカタンとかは楽しくプレー出来ているので、このゲームのつまらなさは、自分たちの問題ではなくゲームの問題な気はします。手持ちのカードが3枚とかになったら戦略の検討ができる気がします。 続きを読む